2016 レディース, 2016 レディース 練習風景, 2016シーズン

2016.12.8<レディース>トレーニング

本日は13時から約2時間トレーニングを行いました。

まずはレクリエーション要素が入ったウォーミングアップで体をあたためます。

その後行われたコンビネーションパスで意識したのは、前向きの選手が良い状態でプレーできるようなパスを出すことでした。前へ進む勢いを生かすことが重要です。

続いて行ったのはゴールが5つ用意されたミニゲームです。ゴールを陥れるためには、しっかりルックアップして周りの状況をよく確認して、空いたゴールを見つけることが必要です。

続けて、ポゼッションとコンビネーションシュートを行いました。シュートでは中央・サイドの攻撃の形を念入りに確認しました。チームの狙いを全員が共有することで実戦で得点が生まれます。

最後にはゴール前の6対5、紅白戦を行い、トレーニングは終了しました。

FIFA U-20女子ワールドカップパプアニューギニア2016に参加していた市瀬選手も昨日からチームに合流。大会帰りですが疲れている様子も見せずに、今日も元気にプレーしていました。世界を肌で感じ、また多くのことを学んできたはずです。その経験を生かしさらに成長してほしいですね。