2018 レディース, 2018 レディース 練習風景, 2018シーズン

2018.5.19<レディース>トレーニング

明日のアルビレックス新潟レディース戦に向けて、会津総合運動公園あいづ陸上競技場で前日トレーニングを行いました。仙台から3時間ほどの移動直後ということもありフリーランニングなどでしっかり体を慣らしていきます。

選手やスタッフが積極的にコミュニケーションを取りグラウンドに笑顔が増えてくると、曇り空から時折太陽が顔をのぞかせました。

普段の前日トレーニングと同様にボール回しやミニゲームを行い、バウンドやパスの走り具合などピッチコンディションを確かめていきます。会津のみなさまに勝利をお見せするべく、試合へ向けてしっかりと調整を行い選手たちの士気は十分高まってきています。

<平瀬クラブコーディネーターがトレーニングに参加!!>

本日のトレーニングには平瀬クラブコーディネーターが参加。全体トレーニング終了後に前線の選手たちを集めて直接指導を行いました。

ゴール前でのポジション取りやボールの受け方を伝え、ペナルティーエリア内でのシュートを1人づつチェックしていきました。

指導だけではなく、ボール拾いやパス出しなども行ってトレーニングに協力。カメラを向けると笑顔を見せてくれましたが、一方では選手たちの様子を真剣な眼差しで見つめる姿がありました。

2018 トップ 練習風景, 2018 トップチーム, 2018シーズン

2018.5.19<トップ>トレーニング

明日の鹿島アントラーズ戦に向け、いつもより少し早い時間からトレーニングを行いました。

まずは対面で動きながらボールテクニック。ボールの中心をたたくことを意識して、丁寧に受け手に返していきます。

続いては恒例のボール回し。短い時間ではありますが、一度リラックスすることも大事。選手たちの楽しそうな声が聞こえてきました。

今日もいい表情を見せてくれます。彼らの姿を見て、明日の試合では今日以上の笑顔を見せてほしいですし、ファン、サポーターのみなさんと共有したいなと感じました。

ボール回しが終わると、スイッチを入れ替えて真剣なまなざしに。スプリントで体に強い刺激を与え、ゲームに移りました。ゲームでは明日の試合のポイントを実戦形式で確認して、全員の共通理解を深めました。

明日で長い15連戦も終わりです。約2か月間、ハードな日程を全速力で駆け抜けたチーム。しっかりラストの試合を勝利で飾り、6月のルヴァンカッププレーオフ、天皇杯、中断明けのリーグ戦へ繋げていきたいです。そのためには、まずは明日の試合に持てるすべての力を注ぎ、恐れず戦うことです。その先にある勝利を掴み、喜びを全員で分かち合いましょう。アウェイの試合になりますが、熱いご声援よろしくお願いいたします。勝利し、連戦をいい形で締めくくりましょう。

チケット好評発売中

2018 明治安田生命J1リーグ
第16節 vs横浜F・マリノス
〔7月18日(水) 19:00 ユアテックスタジアム仙台〕

Jリーグチケット「ベガチケ」vs 横浜F・マリノス
料金/席割り
購入方法

2018 レディース, 2018 レディース 練習風景, 2018シーズン

2018.5.18<レディース>トレーニング

ここ数日の暑さとは打って変わって、マイナビベガルタ仙台泉パークタウンサッカー場はぐっと冷え込みました。手袋やネックウォーマーをつける選手の姿も見られ、5月とは思えない光景です。

本日は戦術面での確認作業がメインとなります。2人一組から始まり、徐々に人数を増やして試合でのポジションを想定したパスワークのトレーニングを行っていきます。

年に一度マイナビベガルタ仙台レディースの試合を楽しみにしてくださる会津の方のため、毎試合会場で応援してくださっているみなさまのためにチーム一丸となって戦います。

<第2回まごころ弁当!!>

先月に引き続き、今月も仙台白百合女子大学 氏家ゼミのみなさまから「まごころ弁当」をいただきました。この活動は2012年のチーム結成当初から、ベガルタ仙台レディース後援会の支援協力のもとに続いているものです。

気になるお弁当の名前は「これから夏!暑さと麦(むき)合うビック(ピッグ)らぽん弁当!」です。健康に大事な食材「まごたちはやさしい」がしっかり含まれていて、これから暑さ厳しい夏に向けてぴったりのお弁当。学生さんたちのプレゼンも2回目で少しは緊張がほぐれたのではないでしょうか。

選手たちは明日、試合が行われる会津へ出発します。お弁当を食べて力を付け、明後日の新潟L戦も勝利目指して戦い抜きます。レディース後援会のみなさん、氏家ゼミのみなさんごちそうさまでした。