2016 レディース, 2016 レディース 練習風景, 2016シーズン

2016.9.16<レディース>トレーニング

ひんやりとした秋の風が吹く中、今日もINAC神戸レオネッサ戦に向けてトレーニングを行いました。3グループが同じグリッド内で交差するパス&コントロールは、相手との距離に意識しながら空いたスペースを狙ってボールを供給します。

昨日に引き続いて体の寄せを意識した攻防は、2対2の状況で相手の背後をとることに意識しながらボールを保持します。体がぶつかる音が聞こえるほどボールをせめぎ合い、攻守ともにアグレッシブさが目立ちました。

その後、コンビネーションシュートや紅白戦を行い、トレーニングは終了しました。今週のゲーム中はいつも以上に、細かくお互いの要求を伝え合う場面が多く見られました。密に連係を確かめる姿は、現状に満足せず、高みを目指す気持ちが表れているようでした。

トレーニング後の取材対応を行った髙良選手は「求められていることをピッチで表現するだけ。自分たちの特徴である走るプレーや、気持ちで相手を上回りたい」と話してくれました。その言葉に込められた思いをプレーにのせて、ピッチで躍動してくれることを期待したいです。