2016 レディース, 2016 レディース 練習風景, 2016シーズン

2016.9.7<レディース>トレーニング

トレーニングの冒頭で千葉監督は「一つ一つの動きにこだわること。基本的なことこそ丁寧に。プレーの質を高めていこう」と選手たちに意識づけました。

その基本の一つである、パス&コントロールです。ロングボールとショートボールを使い分け、連動しながら流れるように前線へボールを繋ぎます。

ポゼッションでは、攻める側は激しい当たりでボールを奪い、守る側は素早くパスを回し、逆サイドへボールを展開させるなど意図的に相手を動かします。ボールを保持するためには、正確なパスワークが不可欠です。そのためにも、パス&コントロールなどの基礎トレーニングは重要なファクターとなります。

人数や攻撃パターンを変えながら、ゲーム形式を繰り返し行いました。回数を重ねる中で、互いに気づくことが増えていたようです。要求を伝えたり、声を掛け合ったりする場面が多く見られました。その一つ一つをクリアできたときチームの層が厚くなり、監督の意図する質の向上に結びついていくことでしょう。