2016 レディース, 2016 レディース 練習風景, 2016シーズン

2016.9.1<レディース>トレーニング

「走力」がメインとなった本日のトレーニングは、フィジカルの強化だけでなくメンタルの強化にも繋がることを痛感させられました。

50mの往復を1セットとし、短めのインターバルを挟んで数回繰り返しました。セット数を重ねていく中で、走りきる時間も徐々に短くしていきます。体への負荷がかかる一方で、更に自分を追い上げていかなければならない状況に、選手たちの表情には時折り、苦しさが滲(にじ)んでいました。

そんな空気感を察知し、率先して声を出していたのが田原のぞみ選手です。「あと2セット!」「みんながんばろう!」と皆の気持ちを盛り上げます。その光景は決して珍しいことではなく、日頃のトレーニングにおいても仲間たちに細やかなフォロー、声がけをする姿を目にします。

ハードなメニューを乗り切った後には、互いをねぎらう気持ちの込められたハイタッチをする姿も。喜びを共有するだけでなく辛い瞬間をともにすることもある、だからこそ仲間同士の絆が深まっていく、そんな瞬間を見せてもらった一場面でした。

最後に5対5+GKのシュートゲームを行いました。攻撃面では素早く切り替え、相手の隙を見てゴールへ向かう姿勢、守備面では相手に前線へボールを運ばせないよう玉際まで厳しく寄せました。攻守における選択肢の幅が広がることで、より一層チームとしての総力が増していくことでしょう。