2016 レディース, 2016 レディース 練習風景, 2016シーズン

2016.7.29<レディース>トレーニング

とうとう東北地方も梅雨明けしましたね!
日増しに暑さが厳しくなってきていますが、チームのコンディションの良さを維持しながら、夏の戦いに打ち勝ちたいと思います。

レクリエーション要素を含んだウォーミングアップからスタートした本日のトレーニング、ボールを保持する鬼はバトンタッチしたい一心で、ターゲットを決めて追いかけます。周りの状況を見て、「あっち!あっち!」と声を掛けたり、必死な仲間たちの様子に笑みを浮かべたり。いろんな状況が読み取れますね。

サークルに沿って輪になり、ストレッチで体をほぐします。自らのコンディションを確かめながら、トレーニングを始める準備を整えます。

シュートに至るまでのコンビネーションを確認しました。前節ゴールを決めた高良選手は、トレーニング後の取材で「ゴールよりもまずは、DFとしての役割を果たしたい。2試合連続、無失点で終えたい」と話してくれました。その言葉通り、ゲームで躍動してくれることでしょう。

アジリティで、瞬発力やスピードを養います。実戦でのさまざまな動作を素早く行うためには、このようなトレーニングの積み重ねが欠かせません。相手よりも一歩早いアクションをとれるよう、身に染み込ませます。

センタリングシュートを繰り返し行ったあと、紅白戦と確認作業を行い、本日のトレーニングは終了しました。