2020 マイナビ なでしこリーグ, 2020シーズン, 2020 マイナビ

2020.10.17<マイナビ>なでしこ1部 第15節 浦和戦


10月17日(土)浦和駒場スタジアムにておこなわれた2020プレナスなでしこリーグ 第15節 浦和レッドダイヤモンズレディース戦の監督・選手コメントをお届けします。

前半2分、22分と続けての失点を許し、現在首位の浦和の厚みある攻撃に苦戦。相手に攻め込まれるシーンが続くも、古巣対戦となったGK松本選手のセーブなどもあり0-2で後半へと折り返す。

後半開始早々に市瀬選手のミドルシュートを相手GKがこぼし、浜田選手がスライディングで押し込み1点差に。交代カードを有効的に使い、サイド攻撃を活性化させるも1点及ばず1-2の敗戦となりました。

リーグ戦連敗となってしましたが、約1か月ぶりとなる次節ホーム・愛媛L戦でみなさんの後押しを背に勝利を目指します。


 

<辛島啓珠監督>
◆試合総括
立ち上がりの失点を防ぐためにしっかりと集中して臨もうと試合前に選手たちには声をかけていた中で早々に1点を与え、なおかつ2点目を続けざまに取られて、とても苦しい前半の試合内容になってしました。
ハーフタイムに、まずは3点目を絶対に与えないことを伝え、1点を奪い試合の流れを変えよう、と送り出しました。後半立ち上がりに浜田が決め、その後攻撃面における良い流れが生まれました。結果として1-2の敗戦となりましたが最低でも勝ち点1を取る試合展開にしたかったところです。負けはしましたが、選手たちは最後まで身体を張り戦ってくれました。今日の敗戦を次節に繋げていきたいと思います。

<隅田凜選手>
◆久しぶりとなる先発出場でした。試合の振り返りをお願いします
ここ数試合メンバーに入ることができず、悔しい思いをしていた中での今日の試合でした。気持ちの面でしっかりと出していこうと臨みました。結果として1-2で敗れましたが、後半には何度かチャンスもありましたし、そこで追加点が奪うことができれば…という試合でした。浦和とはまだ試合も残っていますので、この悔しい気持ちを次に繋げていきます。

◆ここから1週間の中断があり、11月から再開されます。1日にホーム愛媛戦を控える中で、意気込みをお願いします
もう残り4試合しかないという風にとらえ、その中で何ができるのか?ということをチームで整理し、目の前の試合で勝利すること。個人としては、点を取る・チャンスを演出することに対して貪欲にやっていきたいと思います。残り4試合、それが少しでも表現できるようにがんばります。

◆最後にサポーターに向けてメッセージをお願いします
アウェーでの試合が続く中で、1日にホームで戦える喜びをピッチで表現し、サポーターのみなさんの力も借りて、良い試合にしたいと思います。

<市瀬菜々選手>
◆試合総括
個人としては、前半の入りの部分でペースを掴みきれず、ミスが目立ちました。後半は試合の中で立て直すこともできましたし、その点は良かったと思います。
チームとしては悔しい結果に終わりましたが、ホーム最終戦にまた浦和との対戦を控えているので、今節の反省を生かしていきたいと思います。

◆ボランチから見た前後半の試合内容の違いについて教えてください
(後半は)落ち着いてボールを回す時間が増え、そこが得点の取りどころだったと思います。チャンスをものにすることで勝利は付いてくると思うので次節からはチャンスシーンでしっかりと決めきれるようにしたいと思います。

◆来週から始まる、なでしこジャパンのトレーニングキャンプに合宿に招集されました。一言お願いします
東京オリンピックまで数少ない合宿になると思うので、1つ1つプレーを大事にして、しっかりとアピールしたいと思います。今よりも成長できるようにがんばります。

◆11月1日は約1か月ぶりのホーム戦です。サポーターに向けてメッセージをお願いします
今回は負けてしまいましたが、次節はホームで勝利を掴み取れるようにがんばります。

<白木星選手>
◆後半開始からの出場。ベンチから試合を見ていた中で意識したことを教えてください
相手のセンターバック2枚がFWに対してしっかりとプレッシャーをかけている印象でした。ハカさん(浜田選手)を目掛けたボールを供給する中でそれに対しフォローやセカンドボールを拾うことを意識しました。

◆実際にピッチに入ってその点はいかがでしたか
拾ったボールを上手くキープすることや3人目で受けることなど、攻撃の繋ぎの部分はできていたと思います。ですが、ゴール前の部分で関わり切れないシーンもありました。守備の面では寄せきれない場面もあり、ズレが生じ、後半終盤は苦しい展開を招いてしまいました。

◆ここから1週間の中断があり、11月から再開されます。今後の意気込みをお願いします
ここ2戦で連敗をしてしまいました。自分たちの順位を上げるためには勝ち切るしかないので、残りの試合で勝ち点を積み重ねていきたいです。

◆11月1日は約1か月ぶりのホーム戦です。サポーターに向けてメッセージをお願いします
久しぶりのホーム戦ですので、必ず勝ち、サポーターのみなさんに良い結果をお届けできるようにがんばります。

<松本真未子選手>
◆古巣との対戦、久しぶりの試合出場で意識したことを教えてください
楽しみにしていた一戦でした。自分のプレーをどこまで表現できるか、自分自身にも期待する中で臨みました。ですが、それ以上に相手の精度の高さを感じましたし前半立て続けに2失点してしまったことでゲームを難しくしたと思います。

◆前半と後半の戦いぶりについてはいかがですか
後半に入る前に守備の取りどころなどを改めて整理しました。冷静に試合(後半)に入ることができたと思います。

◆ここから1週間の中断があり、11月から再開されます。1日にホーム愛媛戦を控える中で、意気込みをお願いします
リーグ終盤戦で数少ないホームゲームということで、そこでしっかりと勝利をサポーターのみなさんに届けられるように良い準備をしていきたいと思います。

2020 マイナビ なでしこリーグ, 2020シーズン, 2020 マイナビ

2020.10.11<マイナビ>なでしこ1部 第14節 I神戸戦


10月11日(日)ノエビアスタジアム神戸にておこなわれた2020プレナスなでしこリーグ 第14節 INAC神戸レオネッサ戦の監督・選手コメントをお届けします。


4連勝を目指し臨んだ一戦でしたが、試合立ち上がりに相手のミドルシュートから失点。ボールを回す相手に対し、守備の時間が長くなるも、持ち前の高い位置からのプレッシングが効き始め、チャンスシーンを演出。

後半に入り、立て続けに2失点。池尻茉選手、船木選手など攻撃的な選手をピッチに送り、反撃を試みるもタイムアップ。0-3の悔しい敗戦となりました。今節も画面越し・リモート応援、ありがとうございました。


 

<辛島啓珠監督>
◆試合総括
4連勝を目指し、神戸に乗り込みました。前半の立ち上がり、相手の攻撃に注意しようと臨んた中での失点。先制点を取られたことは大きかったと思います。
0-1で折り返し、次の得点で勝敗が決まる中で2点目を取られ、ガクッときてしまった印象でした。自分たちが前がかりになったことで危ないシーンも終盤あり、結果として0-3。内容、結果ともに完敗でした。ですが、来週の浦和L戦も控えていますのでしっかりと切り替えていきたいと思います。

 

<福田ゆい選手>
◆古巣との対戦でしたがいかがですか
圧倒された試合内容ということもあり、悔しいの一言です。

◆試合を通した守備面の振り返りをお願いします
ハーフタイムで相手も改善してくる中で、私たちもパワーを持って(後半の入りから)いかなければなりませんでした。セカンドボールが徐々に拾えなくなり相手にペースを持っていかれたことが敗因の1つだと思います。

◆課題の見えた試合だったと思います。次節に向けてどのように改善していきますか
3連勝していた時にできていたことが今節では発揮できていませんでした。(今節のように)チームとしての長所を生かせなかったときにピッチ上でどのように対応・対処しなければならないのかを整理して、戦い方のバリエーションを次節まで日は短いですが、みんなで話し合い、増やせればと思います。

◆仙台で応援してくださるサポーターのみなさんへメッセージを
今節も画面の向こうからたくさんの応援ありがとうございました。目標の4連勝はできませんでしたが、この敗戦をしっかりと次へ生かしがんばります。引き続き、応援よろしくお願いします。

 

<池尻茉由選手>
◆試合総括
負けている状況での途中出場、また久しぶりの公式戦出場でしたので結果を残してチームを勢いづけ、逆転を目指しましたが少ないチャンスの中で決めきれなかったことによって、その後2点を失ってしまったので、そこは反省すべき点と思います。

◆守備における連動という点ではいかがでしたか
(前半ベンチから見ていたかぎり)ボールに対してのプレスが行けていないところもありました。1人がプレスをかけ、他の選手も予測する動きが少しずつ増え始め、ゴールに行く回数が増えたと思います。
連動した守備を継続することで、攻撃の時間も増すと思いますし、(自身としては)シュートにつながると思います。良いプレスからいい攻撃を形成することを次節の試合も意識していきたいと思います。

◆次節への意気込みをお願いします
今シーズン初めて対戦する相手ですので、まずは絶対に負けないという気持ちが大事だと思います。今日の敗戦を引きずりすぎず、次の試合向けて全員が勝つ意欲を高めて臨みたいと思います。

◆仙台で応援してくださるサポーターのみなさんへメッセージを
画面越しの応援も含め、いつもサポートしていただきありがとうございます。みなさんに勝利をお届けできるようがんばっていきます。

 

<市瀬菜々選手>
◆試合総括
3連勝している中で、もっと試合の中でやらなければならないことがありましたし、(自身含め)最大限のプレーを出し切れず課題が残る試合でした。

◆0-1で後半に入る中で、意識したことはありましたか
前半は立ち上がりから前からプレスに行けず、入りが悪かったですし、失点を許してしまいました。相手にボールを回される時間も長くピッチ内でも相手に支配されてしまっているな、という感覚でした。前半の終わりごろから、前からの守備が機能し始め、奪ってからショートカウンターなどチャンスを作ることができていました。
前からのプレッシングを徹底しようと話をし、後半に臨みました。

◆次節への意気込みをお願いします
次節の浦和Lも個々の能力が高く、チームとしてまとまりがある印象です。自分たちの持ち味である、前からのプレッシングやスピードある攻撃を今日は表現しきれずに終わってしまいましたが、次節はしっかりとプレーできるように良い準備をしていきたいと思います。

◆仙台で応援してくださるサポーターのみなさんへメッセージを
今日は悔しい試合内容になってしまい、ファン・サポーターのみなさんには申し訳なく思っています。今日の反省を生かし、次節は勝利を目指します。

2020 マイナビ なでしこリーグ, 2020シーズン, 2020 マイナビ

2020.10.4<マイナビ>なでしこ1部 第13節 愛媛L戦

10月4日(日)愛媛県総合運動公園球技場にておこなわれた2020プレナスなでしこリーグ 第13節 愛媛FCレディース戦の監督・選手コメントをお届けします。


自陣後方から繋いだパスを安本選手が右サイド深くからクロス。ゴール前で浜田選手が頭で合わせて先制。続く32分には後方からのフィードに上手く抜け出し、相手GKが飛び出してきたところを冷静に流し込み2-0で前半をリード。


後半に入り、相手にボールを握られ支配される時間帯もありましたが、ディフェンスラインを中心とした集中した守備をみせ、敵地で完封勝利!これでリーグ戦3連勝と3試合無失点勝利を飾りました。

 


 

<辛島啓珠監督>
■試合総括
前半を2-0で終え、上出来な内容だったと思います。気温が高い中、前半から積極的にプレスをかけていたので、後半選手たちの体力面で多少心配していましたが無失点でなおかつ、3点目を奪いに行く姿勢を見せてくれました。
後半こそ得点は奪えませんでしたが、結果には満足していますし、3試合連続で無失点で抑えることができたのはチームにとっても良かったと思います。

■次節への意気込み
前回の対戦ではホームで2-2のドローでした。アウェーでの戦いになりますが、4連勝目指してしっかり戦いたいと思います。

 

<浜田遥選手>
■試合総括
最終ラインの選手たちが身体を張って守ってくれたことが今日の勝利や連勝に繋がっていると思います。

■ここ数試合、後方からのフィードが得点の起点になっているかと思います。狙いなども含め教えてください
彩佳(齊藤選手)はキック力があるので、攻撃の1つの武器と思いますし、(ハイラインの愛媛Lに対し)積極的にそのパスを狙っていました。

■10月試合は全てアウェーゲーム。仙台で応援してくださるサポーターのみなさんにメッセージを
ホーム戦が11月1日なのでまだ日にちがありますが、youtubeのライブ配信を通して応援してくださっているのも知っていますし、勝ちを積み重ねる姿をお見せし続けていきたいと思います。
また、普段からサポートしてくださる株式会社マイナビさん(浜田選手は株式会社マイナビ宮城支社勤務)にリーグ前半戦は結果として返すことができなかったので、これからは結果で示していきたいと思います。

■次節I神戸戦への意気込みをお願いします。
今のプレーを続けていくことで勝利は見えてくると思います。4連勝を目指し、がんばります。

 

<安本紗和子選手>
■3連勝でなおかつ3試合無失点。試合の振り返り含めコメントをお願いします
3試合無失点は本当に大きな収穫だと思います。チームとして良い流れに乗りつつあると思うので、次節I神戸戦も勝利を目指して戦いたいと思います。

■改めて次節への意気込みをお願いします
次節もアウェーでの一戦となりますが、90分間勝利のために、相手より走り・身体を張って戦いたいと思います。

■仙台で応援してくれているファン・サポーターのみなさんへメッセージを
ホーム戦が11月1日までありませんが、今年はYouTubeで毎節ライブ配信もあるので、画面越しとなってしまいますが応援していただけると嬉しいです。私たちも最後まで闘います。

 

<齊藤彩佳選手>
■3連勝でなおかつ3試合無失点。齊藤選手から見ていかがですか
選手たちのモチベーションも試合を重ねるごとに増していて、守備陣が失点しなければ負けることはないので、「必ず無失点で終えよう」とディフェンスラインの選手たちと話をしています。3試合連続の無失点は、守備陣にとってプラスなことだと思います。

■安本選手へのフィードが先制点のキッカケとなりました
紅白戦でもあのような形は何度か試していました。相手がハイラインということもあるので狙いました。
安本選手の特徴も考えて出せたパスが先制点に繋がったので、自分自身のストロングポイントが生きたシーンだったと思います。

 

<福田ゆい選手>
■本日の試合で2-0で勝利し3連勝となりました。中盤の福田選手から見ていかがですか
素直に3連勝したことはまずは喜びたいと思います。練習から勝ちにこだわることを意思統一できていますし、その面がプレーにもつながり、結果に表れていると思います。

■前半から高い位置でのプレッシングを徹底されていたように見えましたが
相手分析の中でビルドアップが上手いことは分かっていましたし、チーム全体として相手のストロングポイントを消すための策としてしっかりと共有できていた部分であったと思います。

■後半の入りは相手に押し込まれるシーンもありました。守備面での振り返りとお願いします。
(選手交代など含め)相手が修正してきたこともあり、対応しきれない時間帯もありました。ですが、苦しい時間帯をゼロで抑えることができ、良かったと思います。

■次節は昨季まで所属していたI神戸との一戦です
チーム内競争など良い刺激の中で練習から取り組めているので、絶対に勝って仙台に帰ってきます。

■10月試合は全てアウェーゲーム。仙台で応援してくださるサポーターのみなさんにメッセージを
いつも応援ありがとうございます。仙台で試合ができない分、チームのSNSや選手へのメッセージなど本当に力になっています。しっかり勝ちを積み重ねていくので、よろしくお願いします。

 

<北原佳奈選手>
■3連勝、なおかつ3試合無失点。コメントをお願いします
危ないシーンも毎試合ありますが、味方選手のがんばり含め、身体を張って守ることができています。
前線の選手が得点を(3試合とも先制点)取ってくれるので、後ろの選手として安心して試合を運ぶことができています。
試合中に上手くいかないところは声を掛け合うなど、試合の中で改善・修正ができています。(ディフェンスラインで)簡単にボールをさばくところ、後方から繋ぐ場面の区別もできていますし、リザーブ選手含め、一体感のある中で試合に臨めていると思います。次節はI神戸ですが、上位争いに食いつくためにもしっかり勝ちたいと思います。