2017.10.20<レディース>トレーニング

グラウンドに出るとすぐにピステが濡れてしまうほどの雨が降り、加えて気温も低いので体を温めるために入念にウォーミングアップを行います。

明日の練習試合に向けて、普段の試合前同様のメニューを取り組んでいきます。
パスが伸びるグラウンドコンディションのため、いつも以上にボールコントロールに気を配りました。

最後に行うのは、試合前日定番のミニゲーム。毎回越後監督のキックインからスタートしますが、それを同じく毎回狙っているのが安本選手です。本日もゲームが始まる前から越後監督をぴったりマークします。狙い通りパスをもらって、赤チームのボールでスタート。

このゲームでは、ヘディングでのゴールは得点が2倍になります。西川選手はより高い得点を狙い、転がってきたボールに水しぶきが上がるほど濡れたグラウンドでダイビングヘッド。勝利への強い気持ちが表れた一場面でした。

一進一退の攻防が続き、最後は得点をした方が勝利という場面を迎えます。そして、嘉数選手が出したスルーパスをケイトリン選手が左足で押し込みゴール。

ハイタッチでゴールを喜び会う2人。雨の中での熱戦は劇的なゴールで締めくくられました。

明日はパークタウンサッカー場にて2週間ぶりの実戦となる、ベガルタ仙台ジュニアユースとの練習試合です。自由に見学もしていただけますので、ぜひお越しください。