ホームタウン

ベガルタ仙台 バリアフリーサッカー教室を開催しました。

9月14日(土)色麻町愛宕山公園サッカー場にてベガルタ仙台バリアフリーサッカー教室を開催しました。 ベガルタ仙台は障害を抱えた方々とのサッカー教室やサッカー大会を10年以上開催し続けております。 今回は東北知的障がい者サッカー連盟に所属するチームから、約60名の選手に参加いただきました。 スクールコーチの他に昨年までベガルタ仙台で活躍していた地域連携課スタッフの菅井直樹も講師として参加。 グラウンドに入ったとたんに囲まれ、「大ファンです!」「ずっと観ていました!」などアツい声をかけられていました。

いよいよベガルタ仙台バリアフリーサッカー教室開始! ウォーミングアップは、2つのコーンの間を鬼にタッチされずに走り抜けられるかというものです。ただ走るだけではなく、頭を使って楽しみながら行うウォーミングアップは選手たちにとって新鮮だったようで、終始笑顔を浮かべながら取り組んでいました。

続いてはボールを使用して先ほど行ったメニューにトライしました。ここから参加者に交じって菅井も参加!
16年間プロの厳しい舞台で戦った男も、ボールを蹴っているときは1人のサッカー小僧です。参加者たちに負けない笑顔で取り組んでいました。

一方の参加者たちにとっては、元プロの選手と対戦できるめったにないチャンス。
絶対に止めてやると激しいぶつかりあいを繰り広げ、あわや大けがのこんな場面もありました。

そして最後はいよいよゲーム形式の練習!教室を通して学んだ成果を存分に発揮していました。
はじめは見ているだけだった菅井も、選手たちのひたむきな姿勢に感化され、試合終盤にはついつい指導に熱が入っていました。

障がいを抱えた参加者の方々とスクールコーチ、菅井、スタッフの方々が見せた笑顔に改めてサッカーの持つ力を感じました。
ベガルタ仙台はこれからも、地域のすべての人々に希望を与える存在であり続けます。

ホームタウン

イリーゼ仙台柏木に「足こぎ車いすCOGY」を寄贈いたしました。

7月18日(木)、イリーゼ仙台柏木にて「足こぎ車いすCOGY」の寄贈を行い、クラブからガッ太が参加しました。

今年で10年目を迎える車いす贈呈は、ベガルタ仙台がリーグ戦のホームゲームにて勝利した際、「勝利賞」として株式会社TESS様からいただく車いす1台を、宮城県内の病院や福祉施設、支援学校やデイサービスセンターに寄贈しており、寄贈数は今回で52台となりました。

足を使って動かすことにより、単なる移動手段としてだけではなく、筋力強化・血行促進につながりリハビリ効果も期待されます。式の最初は、2m近いベガッ太へ向けて入居者さんから好奇な目が向けられていましたが、ホワイトボードでコミュニケーションをとるうちに和やかな表情へと変わっていきました。恥かしさもあり中々ツーショットに写ってもらえなかったベガッ太は、自ら足を運び積極的に写真やサイン対応に応じていました。

最後はお呼びいただいた感謝も込めて、ピアノの演奏を披露しました。楽曲は、ところどころ音程が怪しい所もある「ネコ踏んじゃった」。みなさまからは温かい拍手をいただき、笑顔に包まれた中で贈呈式は締めくくられました。

ただいまベガルタ仙台では、寄贈を希望する施設様を募集中です。みなさまからのお問い合わせをお待ちしております。

【寄贈についてのお問合せ】
株式会社ベガルタ仙台 運営・地域連携本部 地域連携課兼復興支援室 TEL:022-216-1021

【製品の特徴・概要についてのお問合せ】
株式会社TESS TEL: 022-353-9707 HP:http://www.h-tess.com/

ホームタウン

泉中央美化推進事業「春の花植え」に参加しました。

6月22日(土)、泉区が主催する泉中央美化推進事業の一環として、春の花植えが行われました。泉中央地区、七北田地区の子ども会を中心に262名が参加し、梅雨の合間の曇り空の下実施。ベガルタ仙台からは、ジュニアユースのU-14選手、20名が参加しました。


今回花を植えたのは、地下鉄泉中央駅とユアテクスタジアム仙台を結ぶ「ベガルタロード」。副キャプテンの内出峻介は、開会式の挨拶で「明日(23日)のホームゲームに来場するサポーターのみなさまをお迎えし、選手を 勇気づけるためにもきれいな花を精一杯植えたいと思います」と力強く宣言しました。

普段の練習で育んだチームワークを生かして、マリーゴールドやベコニアを手際よく植えていきました。