2018 レディース, 2018 レディース 練習風景, 2018シーズン

2018.12.12<レディース>トレーニング

本日は恒例となりつつある「ある取材」の様子をお届けします。

<第3回女子会!!>

本日は、J:COMにて放送中のクラブ応援番組「FAN!FUN!!VEGALTA!!!」での女子会企画!!3回目となる今回は、沖野選手、宮本選手、武田選手、高平選手の高卒ルーキー4人組です。
第2回女子会の様子(2018.7.4<レディース>トレーニング)

ピンマイクや照明、大きなカメラなど、セットに興味津々の選手たち。特に、宮本選手はカメラマンさんにいろいろ質問しながら、ファインダーをのぞかせてもらいます。(こちらは「どうか壊さないでくれ」と若干の心配も・・・)

今回は「タイ料理レストランThaChang 仙台店」にて食事をしながら、村林さんのMCでスタート。普段からプライベートでも食事会をするとのことで「いつものご飯といっしょですけど、見てる方は面白いですか」と若干不安な様子でした。トレーニング終わりで疲れもあってか、乾杯から飲み物を料理の上にこぼしてしまうなど、いきなりドタバタです。

後半は、カードに書かれたお題に沿ってトーク。美味しいご飯でいつもよりテンションの高い4人が何を話したのか。放送をお楽しみに!!
来年1月に放送されますので、放送予定などは番組公式サイトをご確認ください。

「FAN!FUN!!VEGALTA!!!」公式ホームページ

2018 レディース, 2018 レディース 練習風景, 2018シーズン

2018.12.11<レディース>トレーニング

<C級ライセンス習得への道 2018~最終章~>

本日は、JFA公認の指導者C級ライセンス講習会のラストとなる筆記試験が行われました。試験前はテキストや手書きのメモを見直し、最後の追い込み。もちろんカメラを向けても目線を向けることなく、集中力の高さが見て取れます。

試験終了後すぐさま採点し、即日で結果発表となりました。気になる結果は、無事全員が合格!!
順不同で1人づつ山路指導者養成担当部長から終了証が手渡されていきます。選手たちは合格を知らされた後も、証書を受け取るまでなんとなくそわそわしていました。

なかなか名前を呼ばれず「もしかしたら落ちてるのかも」と特に不安になっていた沖野選手は、受け取ったと同時にこの表情。

本日で講習会は終了となり、選手のみなさんおつかれさまでした。しかし、レポート提出などライセンス習得まではもう少し時間がかかります。そして、習得が終わりではなく、むしろそこからが指導者としてのスタートでもあります。キャリアにおける選択肢の一つとして指導者の道が増え、いずれはマイナビベガルタ仙台レディースを始めとする「なでしこリーグのチーム」や「なでしこジャパン」の監督がこの中から誕生するかもしれません。

<グラウンドに残る「白」>

12月もいよいよ中旬に差し掛かり、いよいよマイナビベガルタ仙台泉パークタウンサッカー場も雪化粧が始まりました。といっても、こちらは先日の日曜日に降った雪の残りです。仙台中心部に比べて少し気温の低い北部では、なかなか雪が解けません。寒さだけでなく、グラウンドで目に入る「白」が本格的な冬の到来を告げています。

<市瀬カメラマン>

トレーニング終了後、いきなり広報カメラに興味を持ち出した市瀬選手。万屋選手が被写体になり、グランドを広く使って撮影会が始まりました。

撮影された写真がこちらです。ピントの合わせ方からいろいろレクチャーしましたが、すぐに覚えてカメラを使いこなしていました。齊藤選手に続いて、新たなトレーニングブログのカメラマン候補が現れました。

2018 レディース, 2018 レディース 練習風景, 2018シーズン

2018.12.8<レディース>トレーニング

ユアテックスタジアム仙台で行われる、皇后杯準々決勝の日テレ・ベレーザ戦までちょうど2週間となりました。なお、今年の皇后杯は節目の第40回大会ということで、全試合無料でご観戦いただけます。トップチームの天皇杯で盛り上がっているみなさまの熱いハートを、今度はレディースへ向けてお願いします。
「皇后杯 JFA 第40回全日本女子サッカー選手権大会 準々決勝以降も入場無料に」(日本サッカー協会HP)

気温はかなり低いものの、暖かい日差しが寒さを和らげてくれました。今週末は練習試合もなく、フィジカルコンディションを調整しながら、次戦へ向けてこれまでの課題に向き合っていきます。

コンビネーションからの崩しをトレーニングしていきます。決められたパターンを繰り返しながらチーム全体で共有。続いて、状況に応じてパターンを選びながら、ポジショニングやパスの質によってアレンジを加えます。より確実に、手数をかけずゴールを奪える方法を瞬時に考えていきました。

ここまでのメニューを踏まえて、最後は実戦形式でのトレーニングを実施。村上コーチからは「守備→攻撃」の素早い切り替えについて指示が飛びます。加えて、よりプレッシャーのかかる「試合」でゴールを奪うためにも、トレーニングからフィニッシュの精度が求められていました。