2018 レディース, 2018 レディース 練習風景, 2018シーズン

2018.6.13<レディース>トレーニング

本日、「梅雨入り晴れ」というには暑さが厳し過ぎる一日になりましたが、市街地に比べてマイナビベガルタ仙台泉パークタウンサッカー場は強風。そのおかげで快適にとはいきませんが、チームは90分しっかりとトレーニングを行いました。

なでしこジャパン(日本女子代表)としてニュージーランドに遠征していた櫨まどか、市瀬菜々の両選手も合流しました。

本日のトレーニングは実戦での局面を切り取ったメニュー目白押しのなか、見どころだったのは1対1。互いのゴールを目指し、激しい攻防が繰り広げられました。
フィジカルの強さ、テクニック、とっさのアイデアは見ていて楽しいものですが、それ以上にワクワクしたのは、その組み合わせです。
マイナビベガルタ仙台レディースをよく知る方なら興味の沸く対決が各所で繰り広げられました。

<ラジオ3の取材を受けました!!>

ラジオ中継でお馴染み、お世話になっているラジオ3の取材がありました。
インタビューを受けたのは、浜田遥、佐々木美和の両選手。
2014年加入の同期&(株)マイナビに勤める同僚として、楽しい話、イイ話…が掲載されるかは分りませんが、チームやプレーへの想いが掲載されるタイムテーブルは7月1日より配布されます。地下鉄各駅のラックなどで見かけた際はぜひお手に取ってください。

2018 レディース, 2018 レディース 練習風景, 2018シーズン

2018.6.12<レディース>トレーニング

6月9日にいわきで行われた、ノジマステラ神奈川相模原とのリーグカップ戦を応援いただきありがとうございました。監督交代後初の公式戦であるとともに、クラブにとってゆかりのある福島での開催ということもあり、さまざまな思いを抱きながら試合に臨みました。チームとファン・サポーターの全員が共有していた「勝利への強い気持ち」が、4月29日のAC長野戦以来となる白星へと導いてくれました。

勝利を収めましたが、あくまで新たなスタートの第一歩に過ぎないという事を十分に理解している選手たち。オフ明けでリフレッシュし、次の試合に向けて気分を新たにトレーニングに励みます。

ラダートレーニングを終えると、3人一組でボールを使いながらのサーキットトレーニング。同じ組の仲間やコーチ陣が声をかけ、チーム全体で盛り上げながら負荷の強いメニューを乗り切っていきます。

チームが次に目指すのは、ユアテックスタジアム仙台での今季初勝利。約2週間後のINAC神戸戦へ向けて、先日の試合で出た課題を一つ一つ解決していきます。

2018 レディース, 2018 レディース 練習風景, 2018シーズン

2018.6.8<レディース>トレーニング

いわきでのノジマ戦を明日に控えたチームは、マイナビベガルタ仙台泉パークタウンサッカー場で最終調整を行いました。始めに、3人一組でリフティング競争。落とさずに決められた回数をより早くクリアできるかを競います。

2セットを行ってどちらも1位を撮獲得したのが、田原選手、坂井選手、沖野選手の組。ノーミスで両セットをクリアし、喜びのダンスを踊っていました。

パス&コントロール、スプリントに移ると、引き締まった表情に一変。トレーニングの中で、サッカーを楽しむ場面と試合に向けて真剣に臨む場面のメリハリをつけて取り組んでいきます。

クロスシュートでは本来のポジションに限定せず、ローテーションで全員がクロスもシュートも行うようにしていきます。セットプレーや、カウンターなど様々な状況が考えられる実際の試合では、出場している選手全員が得点への意識を持つ必要があります。

最後にはこれまでと同じように、試合前日恒例のミニゲームを実施。坂井選手は、積極的な攻撃参加でチャンスをつくり、青チームを勝利に導きました。ワンツーや個人技で密集を抜け出そうする姿が多く見られ、個人のコンディションや連携を確認しつつも、勝利に向けて全力で楽しんでいました。

明日は、マイナビベガルタ仙台レディースの全選手、全スタッフが一丸となり「勝利」へ向けて強い気持ちで戦います。アウェーではありますが、みなさまと共に笑顔になるためにもご声援よろしくお願いします。