2017.5.25<レディース>トレーニング

先週の試合の好天とは打って変わって、ここ2日は連続で気温も低く雨の中でトレーニングです。
パストレーニングでは、フリックやターンを織り交ぜてパスをつなげていきます。

単純な動きではありますが、常に敵がいると想定して互いにコーチングをしながら連動していきます。

6対3のボール回しでは、外でボールを動かしていくだけではなく、フリーマンが入り中央にボール入れることでアクセントを付けていきます。

井上選手は、自慢のスピードを生かして動き回りながらディフェンスの間に顔を出し、ボールを散らします。

紅白戦では、明後日の試合に向けて入念に戦術を確認。
降雨などでコンディションも悪く、また試合前ということもあり短い時間で集中して取り組みます。

越後監督は「トレーニングなのでミスすることを恐れずに積極的にチャレンジしよう」と選手たちに、さまざまな仕掛けを行っていくように指示を出します。

1時間半ほどで本日のトレーニングは終了。明日は、泉サッカー場での調整となります。

本日はAC長野戦に向けての取材が行われました。
越後監督は「現在のチームはかなりいい状態だと思います。このチームにはまだまだ伸び代があるので、これからもっともっと成長していけるはずです。現在の混戦状態の上位陣で振り落とされないためにも、1戦も負けられません。」とリーグ戦後半の初戦での勝利を見据えていました。

カテゴリー: 2017 レディース, 2017 レディース 練習風景, 2017シーズン

2017.5.25<トップ>トレーニング

昨日のルヴァンカップ 北海道コンサドーレ札幌戦応援ありがとうございました。開始早々先制されましたが、前半のうちに逆転できたこと、グループステージを突破するためにも落とせないゲームで勝ちきれたことに成長を感じました。

本日からは次のアルビレックス新潟戦に向けてトレーニングを行いました。まずはパス&コントロールからスタートしました。

続いてはポゼッションです。攻撃側は1タッチと制限がかかりますが、数的優位なのでしっかりボールを握らなければなりません。タッチ数が制限されているので、周りの選手のコーチングと積極的にボールに関わろうとすることは欠かすことができません。

最後はセンタリングシュートです。サイドから上がってくるボールに対して、狙うべきスペースに飛び込みます。出してと受け手のタイミングとイメージを合わせることで得点が生まれます。これからもサイドからのゴールを増やしていくために反復トレーニングあるのみです。

カテゴリー: 2017 トップ 練習風景, 2017 トップチーム, 2017シーズン

2017.5.24 <レディース>トレーニング

本日はここ数日では涼しく動きやすい気温ですが、雨が降る中でのトレーニングがスタート。
対面でのパスやドリブルでウォーミングアップを行います。

パスを出した相手にプレッシャーをかけていく場面では、短い距離でも相手に素早く寄っていきます。

この後に行われるゲーム形式のトレーニングに向けて、ボール回し。

GKは小川コーチが前に入ってハイボールの処理をトレーニング。
キャッチができるのか、パンチングで弾いていくのかを、雨でボールが滑りやすいという状況も考慮した上で冷静に判断していきます。

また、パンチングする方向もセカンドボールを取られにくいところを狙い、キャッチした後のスローイングやパントキックではカウンターにつなげられるように正確に行います。

以下のような制限をセット毎に設けて、10分で4セットのミニゲームを行います。
・ロングボールを禁止して、細かくパスをつないでいく。
・DFラインの裏へ抜けるパスや前線へのロングボールを意識的に入れていく。
・片方のチームがカウンター主体の速攻、もう片方が相手陣でボールをまわしていく遅攻。(入れ替えてもう1セット)
越後監督は気になる場面でゲームを止めて、選手のイメージが新鮮なうちにその場で振り返ります。

戦術の確認を重点的に行い本日のトレーニングは終了です。

カテゴリー: 2017 レディース, 2017 レディース 練習風景, 2017シーズン