2017.6.18<トップ>トレーニング

昨日のサガン鳥栖戦応援ありがとうございました。チームは鳥栖から戻り、泉サッカー場でトレーニングを行いました。冒頭渡邉監督からは「どちらに転がるかわからないゲームで、粘り強く勝ち点1を獲得できたことを前向きに考えよう。この勝ち点1は後に大きな意味を持つ。」という話が。これからも厳しい戦いは続きますが、粘り強く確実に勝ち点を積み上げることで、上位進出は見えてくるはずです。

さて、今週水曜日には別大会の天皇杯初戦を迎えるということで気持ちを切り替えます。今日から使用するボールも天皇杯モデルです。

パス&コントロールでは、試合をイメージしながらテンポや動きに変化を加えながら進めます。パススピード、プレースピードを高めることももちろん求めます。

合間にステップワークからのスプリントを挟みます。どんどんハードになっていくトレーニングに向けて刺激を入れます。

9対4、5対5+3のポゼッションでは、ボールに対して顔を出し続けることやシンプルにプレーすること、各選手の立ち位置のバランスをとることを意識。効果的にボールを握るためにはどれも欠かせない要素。常に相手の嫌がるプレーを心がけます。

最後に6対5のミニゲームを行い、トレーニングは終了しました。