2018 レディース, 2018 レディース 練習風景, 2018シーズン

2018.11.9<レディース>トレーニング

本日はマイナビベガルタ仙台泉パークタウンサッカー場に冷たい霧雨が舞う中でトレーニングを行いました。

雲に覆われたこともあり、トレーニング開始から照明が必要なほど薄暗い天気でしたが、選手たちは普段どおりの明るさを見せます。

パス&コントロールでは濡れたピッチの影響を頭に入れながら、スムーズにボールを回してきます。基礎的なメニューだからこそ、正確に「止める」「蹴る」という動作にこだわって、一本一本丁寧に行っていきました。

クロスシュートのトレーニングでは「決め切る」ことを第一に行っていきます。トレーニングから「ゴールへの意識」を高めて、プレーの質にこだわることで試合での得点につなげていきます。

<C級ライセンス習得への道 2018~第3章~>

インストラクターの資格を持つ山路指導者養成担当部長による、指導者C級ライセンスの習得講座が本日より再開しました。こちらは昨年から行われていて、トレーニング後の時間を利用して、講義やグラウンドでの指導を実践。レポートや実技試験を経て、主にU-12世代を対象としているC級ライセンスが習得できます。

8月の中断期間から始まり、リーグ戦が終了したこのタイミングで再開。12月中旬に行われる最終のテストまで様々なことを覚えなければなりません。トレーニング後で疲労もたまっていますが、セカンドキャリアや選手としてのサッカー理解を深めるため、真剣な眼差しで講義に耳を傾ける選手たちでした。