2018 レディース, 2018 レディース 練習風景, 2018シーズン

2018.11.1<レディース>トレーニング

本日より11月に突入しました。今月の公式戦は2試合しかありませんが、2018プレナスなでしこリーグ1部の最終戦と、皇后杯 JFA 第40回全日本女子サッカー選手権大会の初戦という、どちらもシーズンにおける重要な試合です。

まずは、目の前のリーグ最終戦に集中してトレーニングに励みます。一つ一つのメニューに全力で取り組み、一日一日のトレーニングに真摯に向き合った上で、相手も会場も異なる試合の勝利が見えてきます。

トラップやパス、呼び込むタイミングなど、小さなミスの積み重ねが、試合での失点やゴールチャンスを逃すことにつながってしまいます。多くの人が勝利を切望する試合だからこそ、心は熱く、頭は冷静に戦っていかなければなりません。

本日のトレーニングでは、ゲーム形式で戦術確認を行い、その後は様々な場面を想定しながらセットプレーも入念にチェック。試合の流れとは別に得点が動く重要な場面であり、攻守共においてチームの「約束事」を共有していきました。