2018 レディース, 2018 レディース 練習風景, 2018シーズン

2018.8.4<レディース>トレーニング

昨年は長期間に渡って雨が続き、夏らしい暑さを感じることができませんでしたが、今年は毎日のように太陽の下でトレーニングを行えています。選手たちは体作りのメニューに加え連日の猛暑で、トレーニングの内容以上に疲労がたまっています。

パス&コントロールでボールの感覚を確かめた後は、ミニゲームで戦術の確認作業を行っていきます。

セット毎に戦術の内容を変更し、チームとしての「引き出し」を増やしていきます。個人スキルや連係の部分でも今週行ったことに積極的にトライし、個人としての「引き出し」を増やしていきました。

トレーニング終了後の円陣で「頭への負荷も強めていく」と考えるメニューを増やしていくと話していた千葉監督。体を強くするだけではなく、思考力も強化し、リーグ後半戦への準備を進めていきます。

<8月生まれのみなさん「おめでとう!!」>

本日8月4日生まれの市瀬選手、24日生まれの奥川選手、26日生まれの齊藤選手に誕生日ケーキがプレゼントされました。市瀬選手は本来であれば代表活動中のはずでしたが、残念ながら不参加。復帰へ向けて別メニューでトレーニングを重ねる中、このような形でお祝いすることができました。おめでとうございます!!

<GKをサポート>

8月5日よりスタートするU-20女子ワールドカップですが、マイナビベガルタ仙台レディースからは高平選手、鈴木選手の2名が参加。そのため、GK陣は齊藤選手と上野GKコーチの二人三脚でトレーニングを重ねています。

弾いたボールを拾ってくるのも一苦労ですが、本日の個人トレーニングでは有町選手がお手伝いをしていました。「ナイス!!」など齊藤選手に声をかけながら、ただボールを拾うだけではなく、トレーニングを盛り立てていました。