2018 レディース, 2018 レディース 練習風景, 2018シーズン

2018.5.16<レディース>トレーニング

本日は東北地方の多くの地点で今年一番の暑さとなりましたが、マイナビベガルタ仙台泉パークタウンサッカー場も写真の通りの暑さ。日陰でこの気温のため、強い日差しで熱を帯びたグラウンドの上はさらに強烈な暑さを感じます。

トレーニングの前にランニングを行って暑さに体を慣らしつつ、開始前にもしっかり水分補給。水を飲んでいる最中に安本選手と坂井選手にいじられ、市瀬選手は思わず吹き出しそうになっていました。

短いスプリントを織り交ぜながらのパスコントロールでウォーミングアップを行っていきます。暑さ厳しい中でこそ一瞬でも走り込みを行い、体に負荷を掛けていきました。

ポジションごとに分かれ、サイドプレーヤーはタッチライン際での1対1を行っていきます。個々のスピード差があっても、テクニックやパワーでカバーしながら積極的に仕掛けました。

最後は、サイドにフリーマンを置いてのミニゲームを実施。昨日、選手だけのミーティングを行ったことで「見ての通り雰囲気が変わった」と、越後監督は士気の高まったチームに手ごたえを感じていました。