2017.12.13<レディース>トレーニング

本日も雪降るパークタウンにてトレーニング。ステップワークからのボレーといったテクニック強化やチューブトレーニングなどのフィジカル強化など、基礎的な部分の反復トレーニングを行っていきます。

<リベンジ失敗>

本日最後に行われたのはボール回し。30回パスがつながると、回された2人のディフェンスは罰ゲームで腕立て伏せをしなければなりません。

規定回数パスを回され、疲労と悔しさで崩れ落ちながらそのまま腕立て伏せに入る2人。あまりの悔しさに「このままでは終われない」と北原選手がリベンジを申し入れます。

パスカットでオフェンス側にも入っていた北原選手。しかし、最終的にはディフェンスに入ったタイミングでまたしてもパスを回されてしまいます。今度は更なる疲労と悔しさでうつ伏せになってしまいました。次回以降のリベンジを約束し、本日のトレーニングは終了です。

<C級ライセンスへの道「筆記試験!!」>

不定期でお伝えしてきたJFA公認C級指導者ライセンスですが、いよいよ最終章に突入。本日は筆記試験です。1時間で5問の記述問題を解かなければなりません。

試験前には、これまでのノートやテキスト、試験を想定し自分でまとめたメモなどを入念に見直します。終了後には「こんなに文字を書いたのは学生以来」と手首を回す選手も。

その後、実技・講義の内容振り返りや、ライセンス習得後の話などを行う閉講式を実施。実技試験、筆記試験は終了しましたが、最後の関門として「レポート提出」が待っています。これまでに学んできたことや、これまでの経験やサッカーに対する哲学などをまとめなければなりません。まだまだレポートはありますが、ひとまず講習お疲れ様でした。

今シーズンの講習はこれにて終了となりますが、今後も継続して当クラブでのC級ライセンス講習は行われていきます。来シーズンも「C級ライセンスへの道」をお送りしますのでお楽しみに。