2017.10.17<トップ>トレーニング

先日の川崎フロンターレ戦、応援ありがとうございました。この試合を通し、改めてサッカーの難しさや怖さを知ることとなりました。大事なのは、この試合で何を学び、次の試合にどう繋げていくかが重要になっていきます。

まずは室内トレーニングからスタートです。ウエイト、体幹トレーニングでOFF明けの体に刺激をあたえます。ケガ予防のために、1回1回ゆっくり正確に行いました。

ピッチで出てからはフットボールラン。前方へのランニングだけではなく、ステップワーク、方向転換を積極的に織り交ぜてメニューを進めていきます。

フットボールランのあとには、5対3のポゼッションです。ボールを握る攻撃側は、足先だけのサッカーになることなく、細かく立ち位置を取ることを心がけます。その「一歩、二歩」の手間を惜しんでいてはボールを握ってからの効果的な攻撃を作り上げることはできません。

最後はシュートを打ち続けて、トレーニングは終了しました。